製品・サービス

主役である空調システムを損なわず、最適な消音効果を実現。
製品写真

消音器

「静」のノウハウと技術力。日本消音は、本質的なアプローチで消音を実現します。

日本消音研究所の消音器(Noise Reducer/NR)は、吸音型消音器と違い、ダクト内部のスペースを使用しないため、圧力損失を高めることなく、消音エルボの数倍もの減衰性能を持たせることができる消音装置です。ダクト口径を狭めないため、送風機のパワーを設定より増加させるなど、空調システムに負担(そして、消費電力の増加)を発生させずに、高い消音効果を実現できます。日本消音研究所のNRでなら、環境に優しく低騒音化が実現できます。

製品写真

消音チャンバ

最もベーシックな消音装置。様々な用途や設置場所にご利用頂けます。

SAプレナムチャンバ・RAサクションチャンバはもとより、ファンコイルチャンバ・ヘッダーチャンバ・ガラリチャンバ・ファンカバー・防音ボックス等、鉄板の箱体に吸音材を内貼した製品です。現場の用途や納まりに合わせ、その都度設計して製作致します。

製品写真

消音エルボ

あらゆる現場に対応。施工の条件を選ばない、消音エルボです。

外R付、ガイドベーン付、空気層付など、施工する現場を選ばずあらゆる条件に対応しています。また、100φ〜2000W以上のダクトまで、どのような寸法にも対応、丸ダクトにもフランジ接続あるいは、スパイラルダクト差込により、対応が可能です。また狭い現場の後付施工でも、分割製作により対応が可能です。
騒音低減の要求数値に応じ、低出力損失型、高性能型などバリエーションも豊富。出入口の寸法の違うタイプも製作可能ですから、プレナムチャンバを消音エルボに変更する場合も問題ございません。

製品写真

消音ボックス

全てのメーカーの製品に対応。取り付けの利便性も考えた仕様です。

各器具メーカーの取り付け寸法に対応可能。ブリーズラインなど、器具幅に相違がある場合でも問題ありません。また、当社独自のVD機構を設置し、ボックス入口において風量調節が可能です。SEDによる風切音の問題も、これにより同時に解消していきます。
取り付けの利便性を考え、当社独自開発の取付金具を設置。アネモ器具の取り付けも、これでボックス内部へ引っ張るだけで可能です。吊り位置の指定も可能で、吊り方法も現場単位でご指定いただけます。

製品写真

防振遮音スリーブ

ダクト貫通部に遮音施工はもう不要です。躯体へ打ち込んでおけば、後々の施工はゼロになります。工期短縮の決定版。

弊社発案の防振遮音スリーブは発売から20年間、各地のコンサートホールやスタジオから事務所ビルまで様々な用途でご利用頂いております。
スラブ貫通型・デッキスラブ貫通型・壁埋込型・湿式壁貫通型・乾式壁貫通型を揃えており、現場のどのようなニーズにもお応えする事ができます。